転職において”年代別に求められるもの”と”その戦略”

みなさん、こんにちは。よきあすの藤田と申します。
今回のコラムでは転職が初めての方に向けて、「転職において年代別に求められるものは何か」を踏まえた上で、「どのような戦略を取るべきか」をお伝えしようと思います。

それらをお伝えすることで、

1. 現在どのような道を選択するべきなのか
2. 今後どのようなキャリアを築いていくべきなのか

この2点を考える一助になればと思います。

”転職において年代別に求められるものは何か”

それでは本題に移っていきたいと思います。

まず、「転職において年代別に求められるものは何か」を検討する上で、

「求められるもの」とは具体的に何か?ですが、これは私の経験上大きく5つあります。

A.基礎的能力(地頭・コミュニケーション能力)

B.仕事へのスタンスや人柄

C.基礎的な業務スキル(論理的思考、PMスキル、ビジネスマナー、PCスキル等々)

D.専門的な業務スキル(高レベル:同一職種・業界における業務経験10年以上) (中レベル:10年~5年、低レベル:3年程度)

E.マネジメントスキル

※Dにおける職種や業界経験年数の境界は難しいところですが、ニュアンスが伝わればOKとさせて頂きたいので、便宜的に以上のような年数とします。

一方、現在弊社が企業様より頂戴している案件において、20代の方向けの求人が約500件、30代の方向けの求人が約800件、40~50代の方向けの求人が約400件あります。(20年7月時点。一部重複あり)

また、当然それぞれにこんな人が欲しいという募集要項が存在します。

20代の方向けの案件の募集要項を見てみると、約500件の内、8割程度の案件で上記A~C+Dの専門的な業務スキルの専門性は低くても採用します、となっています。

ただし、意外にもDが0年でOKという求人は少なく、10%程度です。(これは、弊社の求人収集の方針にもよる可能性があります。) ちなみに、Eのマネジメントスキルの記載も10%程度に留まりました。

次に、30代の方向けの求人になりますと、基本的にはCの基礎的な業務スキル、およびDの専門的な業務スキルの中レベル以上の記載が7割以上を占める結果となりました。

また、30代後半になるとEのマネジメントスキルの記載が5割以上と目立つようになってきます。

40~50代の方向けの求人になると、Dの専門的な業務スキルの高レベル&EのマネジメントスキルもしくはDの専門的な業務スキルの高レベルのみの求人が9割以上を占める結果となりました。

”年代別に見られる転職のポイント”

【20代】

職務・業界経験は少なくても採用の土台に乗る事ができる。また、人柄や基礎的能力で採用してもらえる可能性がある。ただし、職務・業界経験が0では困難が予想される。

【30代】

Cの基礎的な業務スキルおよびDの専門的な業務スキルは中レベル以上が7割。案件によってはマネジメント経験も求められる。A~Cは、もはや前提条件であり、完全なる即戦力採用を企業側は望んでいる。

【40~50代】

高レベルでの専門的な業務スキルと、マネジメント経験が求められる。特にDの専門的な業務スキルは、C×Oやミドル・バックオフィスでの求人が多い傾向にあり、約8割を占める。(尚、営業系職種は1.5割程と意外に少ない結果となっている。)

年齢を重ねれば重ねるほどマネジメント経験は必須

当たり前のように聞こえますが、年齢を重ねれば重ねるほど、「何のプロなのか?」という事が問われる事と、マネジメント経験は必須になるケースが多いようです。

以上を検討して頂くことで、よりシャープで失敗の無い転職活動になるのではないでしょうか。


より良い転職にするためにはエージェントの良し悪しも大事

最後になりますが、もちろん転職を進めていく上で、より良い転職にするためにはエージェントの良し悪しも大きな要因を占めます。 例えば、「親身に寄り添ってくれる」、「スキルマッチを丁寧に行ってくれる」、「入社まできちんとフォローをしてくれる」エージェントが不可欠です。是非ご活用頂ければと思います。

このコラムを書いたスタッフ

取締役
藤田尚高
「採用」を熟知している経験と、経営者とのパイプで最適なソリューションを提供します。
プロフィールを見る